コテ本体ヒーターの取替え方

(1)準備するもの

このページでのコテ本体は高級コテ本体(差し込み式)をご利用しておりますが、木目調コテ本体(差し込み式・ネジ込み式)同様接着方法は全て同じです。

・プラスの小・中のドライバー
・取替ヒーター
・コテ本体

取替ヒーターのワイヤ―をネジが通る位の円、3重丸に丸めて準備して置きます。余ったワイヤーはカットします。↓ 09_wire_point 高級コテ本体用取替ヒーター kote_heater_set 使用出来る高級コテ本体(差し込みを使用) 1_sashi_kotehontai 注意! ネジを外したときに失くす場合がありますので小さな小皿を用意し傍に置くようにして下さい。 ネジ1個を無くすとコテ本体がご使用できなくなる惧れがあります。

(A)コテ本体のネジとコテの柄を外します。

16_kannsei 本体の中央のネジを外し、回転させると開きますのでコテの柄を右にゆっくりずらします。
①口がね部分の固定ネジと蝶ネジを外す
②柄胴体のネジを外す 02_hontai_bara 柄胴体のネジを外して開いた状態です。
上下にネジが2ヶ所づつ付いています。

ヒーターの長さは同じではありません。どちらかが短くなっていますので長さに合わせて設定をします。

ネジとナット(各2ヶ)が付いています。

(B)柄胴体のネジを外します。

08_neji_torituke_point 各ネジを外し、壊れたヒーターを取り外します。
この際、ゆっくりと引き抜きながら外して下さい。

Point !!
注意!
黒く、太いワイヤーはそのままにして板から外さないで下さい。 10_heater_plug 本体口がね部分からゆっくり引き離します。 06_heater_chenge 古いヒーターと全てのネジを外した状態です。

(C)新しい取替ヒーターを取り付けます。

05_neji_bara この場合ヒーターを差し込むとき短いワイヤーと長いワイヤーを各板の持ち場に合わせる必要があります。

ゆっくりと差し込みます。
初めに短い方のワイヤーを合わせるよう差し込んで下さい。初めに短い方のワイヤーを取り付けます。先ほどワイヤーを3重丸に作成したものにネジを通し、次は長い方のネジをワイヤーに通しナット2ヶをしっかり締めます。 02_hontai_bara 短いワイヤーと長いワイヤーのネジをしっかりと締めて固定します。ネジの締め方に緩みがないか確認をして下さい。

これで一番大事な部分が完成です。
右部分の柄本体をゆっくり胴体部分へ戻し、ネジ込んで合わせて下さい。 17_neji_torituke 柄本体のネジ穴を合わせます。 18_neji_kanryo しっかりと柄本体のネジを止めます。 14-15 口がね部分の固定ネジを締め、順に蝶ネジを締めて完成です。